Loading

書法と美の着眼-右はね②-

書法と美の着眼-右はね②-

右はね① ☛

右はね②

一拍おいて、遠くに向かって押し出していくように。

 

はねる前の心持ちから「はね」は始まります。急に線を曲げたり、勢いにまかせた運筆は筆を不安定にするので、筆圧は徐々に加えていき、運筆の速度を工夫しながら、伸びやかで豊かな「はね」のイメージを持つことが肝心です。

 

 

『日経おとなのOFF~おとなの書道塾』より 写真:大高和康

←TOPページに戻る

→木下真理子の書作品を観る

 

書法と美の着眼

SEASON1 ☛   SEASON2 ☛  
1. 起筆      1. 余白
2. はね1     2. 潤渇
3. はね2     3. 抑揚
4. 払い1     4. 意連
5. 払い2     5. 疎密
6. 転折      6. 楷書
7.       7. 行書
8. 収筆1     8. 草書
9. 収筆2     9. 隷書
10. 用具     10. 篆書

PAGE TOP