あの時のわたし

以前、日経新聞に掲載された島津製作所の中本晃社長との対談が、創業140周年記念の社誌に再録されるという旨のご連絡を頂いた。早いもので、あれから4年。

もうこれからどうしていけば良いのか、先の事などまったく分からなくなってしまったあの時。絶望感に苛まれ、意識は混沌としていた。ただ、やみくもに必死だった気がする。

あれから1日、1日と過ぎていく中で、あの時の意識は、いつしか・・・。

あの絶望感、心の痛みを、けして忘れてはいけない。

これは日本人として生まれた、宿命なのだから。

日経新聞 2011年7月13日号

    Fendi

    いただきます

    関連記事

    1. 自分らしくという多様性

      2021.02.19
    2. 2015.02.08
    3. 人生は分からない

      2016.01.19
    4. プロフェッショナル

      2016.05.29
    5. 春分

      2016.03.21
    6. 理屈では分からないこと

      2016.11.15
    PAGE TOP