待つということ

先日、知人から番茶を頂いた。
パッケージには、熟成3年と明記されている。
普段、ハーブティはよく飲むけれど、これまで番茶の美味しさを知らずに生きてきた、と思うくらいこの番茶は格別。
煎茶などに比べて品質が劣る…というのは先入観で、3年熟成させることでカフェインなどの刺激物が抜け、まろやかな風味になるそうだ。

いまだ大変な状況は続いているけれど、こんな時こそ、暖かいお茶でも飲みながら、家族団らんで過ごすいい機会なのかもしれない。
待つことは、いいことだってある。

窓の外は、穏やかな春の日差しと、ホーホケキョという鶯のさえずり。

    一人ひとり

    洗心パワースポット 龍穴神社・室生寺編 公開

    関連記事

    1. 優しい風の中で

      2019.08.27
    2. info.日経ビジネス連載『和道』茶道編3

      2017.01.12
    3. ピエール・アレシンスキー展

      2016.11.30
    4. 贈り物

      2019.05.26
    5. 時を打つ。

      2016.06.18
    6. 日常の私

      2019.04.14
    PAGE TOP