言葉の力

先日、久しぶりに整体に行った。
書家というのは、つくづく肉体労働だと思うことがある。

それはともかくとして。
その整体院は昔ながらの医院で、とても安らいだ気持ちになる。
院長が一人ひとりに必ず声をかける。
手がかじかんでますね/若いから直りが早いですね/今年は良い1年になるといいですね・・・

実にさりげなく、でも温かさが伝わってくる言葉。
最先端の機器など無いのかもしれないけれど、言葉の力はきっと治癒に効果がある。

    ties

    自分らしくという多様性

    関連記事

    1. 曖昧な日々

      2020.04.28
    2. 久しぶりの外食ディナー

      2021.11.04
    3. 2021.12.13
    4. 書聖 王羲之展

      2013.01.22
    5. わざっぷ

      2014.07.07
    6. 陰影礼賛の心得

      2016.02.13
    PAGE TOP