思ひそむ

なかなか疎かには出来ない事柄が多く、それらに心を奪われているうちに、2月も中旬となってしまった。つい先日、クリスマスの話題に触れたと思ったら、もうバレンタインデー。

私は特にこの日へのこだわりがあるわけではないけれど、はやる気持ちを抱きしめながら、告白をしようと心を砕く人にとっては大勝負の日で、大変なことだろうと思う。

例えば昔の人がそうしていたように、和歌を手紙に添えてみるのはどうだろうか。お気に入りのミュージックを贈るような、そんな気持ちで。万葉集でも、古今和歌集でも、近代の短歌でも、もちろん自作のものでも。ほどほどに(笑)。

以前書作の参考にと、女流歌人の歌をまとめたページのリンクも以下に添付したい。

☛女流歌人の歌はこちらから

私は与謝野晶子の短歌が好きなので、おすすめは次の一首。

君こひし 寝てもさめても  黒髪を梳きても 筆の柄をながめても

うつろひ(い)

春一番

関連記事

  1. 電子にカミは宿るか

    2018.05.15
  2. 「らしさ」ということ

    2015.12.15
  3. 理屈では分からないこと

    2016.11.15
  4. タボレッタ リラックス

    2017.06.16
  5. 熊野“筆”巡礼 榊山神社

    2016.09.05
  6. 春光の中で

    2013.03.23
PAGE TOP