春一番

突風の音で目が覚めた。今日、春一番が吹いた。

①立春から春分までの間に②日本海側の低気圧へ向かって南より吹く③風速が8m/s以上の風で④気温の上昇をともなう

この4つの条件を満たすと、「春一番」となるそうだ。今日は束の間かもしれないが、本当に暖かい。

春の風と言えば、少し早いけれど吉田拓郎さんの前妻の四角佳子さんが歌っていた 「春の風が吹いていたら」という素敵な曲を思い出した。
春にちなんだ歌は宝塚歌劇団を象徴する「すみれの花咲く頃」もそうなのだけれど、本当に良い歌が多い。
書家としては、つい近代詩文の題材にと考えてしまうのだけれど、やっぱり散歩しながら、鼻歌をうたうのが気持ちいい。

仕事とは言え昼夜逆転し、籠ってばかりいたらもったいない、つくづくそう思った。

    思ひそむ

    嗚呼、昔も今も

    関連記事

    1. うつればかはる世の中を

      2015.02.01
    2. 書作のアイテム その1

      2014.05.03
    3. 書聖 王羲之展

      2013.01.22
    4. 朝の余韻

      2018.06.21
    5. 同時代人として

      2018.01.10
    6. INFORMATION

      2015.06.24
    PAGE TOP