おもかげ

お盆も過ぎ、暦の上ではもう秋。今年の夏は・・・と、振り返る時期になっている。
思うように物事が進まなかったり、新しいことに取り組み始めたりと、いろいろな思いが交錯しながら、でも筆を持っている時には全て忘れて、目の前の書だけと向き合う。

よく書道の魅力を訊ねられる。
その問いに対する私の回答は〈我を忘れて没頭出来ること〉。
これ!というものが、なかなか書けないこともあるけれど、書いていれば必ずのり越えられる。

のり越えたら、充実感と解放感が待っている。

今書いている2つの作品を書き終えたら、この夏のおもかげを探しに海へ行こう。

    大人の書道塾

    晩夏

    関連記事

    1. 激流

      2013.06.03
    2. 筆の花

      2016.04.07
    3. 恋する書道 ~光明皇后 和歌~

      2013.03.04
    4. 茶の湯の教え

      2014.02.20
    5. 一休宗純

      2015.11.10
    6. 瞬間の判断

      2016.11.08
    PAGE TOP