自分らしくという多様性

女性蔑視発言が波紋を呼んで2週間あまり。書作の合間に漠然とその行方をみていた。
社会での女性の地位向上を目指して、ということなのだと思う。

でも、権力や地位、学歴などに縛られることなく、たおやかに生きられることこそ女性らしさではないかと思うし、結局そんなことにこだわっていたら、そもそも男性社会を肯定しているに過ぎない、という気もする。

女性はつまらない価値観などに縛られなくても、ただ自分らしくあればいいのではないかと、ふと思った。

    言葉の力

    疑問点

    関連記事

    1. 人と人との絆

      2014.07.02
    2. 台風の夜

      2019.10.12
    3. 嗚呼、昔も今も

      2017.02.24
    4. 作品「桃李成蹊」

      2014.06.06
    5. 喜微にふれる

      2017.12.05
    6. 祓いと払い

      2015.12.23
    PAGE TOP