自分らしくという多様性

女性蔑視発言が波紋を呼んで2週間あまり。書作の合間に漠然とその行方をみていた。
社会での女性の地位向上を目指して、ということなのだと思う。

でも、権力や地位、学歴などに縛られることなく、たおやかに生きられることこそ女性らしさではないかと思うし、結局そんなことにこだわっていたら、そもそも男性社会を肯定しているに過ぎない、という気もする。

女性はつまらない価値観などに縛られなくても、ただ自分らしくあればいいのではないかと、ふと思った。

言葉の力

疑問点

関連記事

  1. ワンピース姿の私

    2018.08.28
  2. Fendi

    2015.03.02
  3. 伝えゆく道

    2018.07.05
  4. 冷たい現実

    2018.03.21
  5. 国立国会図書館

    2022.09.01
  6. あるお寺の書

    2014.04.15
PAGE TOP