日本人の美意識が表れる技法Ⅰ

_mg_9566_3_32_2_5 日本人の美意識が表れる技法Ⅰ

 この作品は、「行草(ぎょうそう)」の筆意の中に、“疎密(そみつ)”という技法が取り入れられています。

文字と文字が密に交わる部分と、文字と文字の距離が疎になる部分とで、均一的なバランスにしないことを意図として構成されています。 

    漢字かな交じり

    日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

    関連記事

    1. 高適(こうせき)詩

      2001.02.01
    2. 邶風静女詩

      2001.02.01
    3. Personal Data 55

      2001.03.01
    4. 篆書から隷書へ

      2001.01.02
    5. 過去・桜・未来

      2013.03.25
    6. レッド・クリフ、それは・・・

      2009.01.16
    PAGE TOP