日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

dsc_9843_0_0_4日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

この作品は、墨の滲(にじ)みの部分と擦れの部分を意図して作っていく“潤渇(じゅんかつ)”という技法が取り入れられています。

また黒い墨ではなく、青い墨が使われており、線のまわりに滲みを加えることで、日本人の美意識である余情が表わされています。

日本人の美意識が表れる技法Ⅰ

日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

関連記事

  1. 篆書から隷書へ

    2001.01.02
  2. Personal Data 22

    2001.03.01
  3. Personal Data 53

    2001.03.01
  4. 灯り

    2012.12.28
  5. 大阪にて

    2014.04.02
  6. 人生さわやかに生きる

    2001.01.03
PAGE TOP