『野ばら』揮毫 in フランクフルト

『野ばら』揮毫 in フランクフルト

少しづつ冬の到来を感じさせるこの頃、朝晩は随分寒くなりましたね。先週まで滞在していたドイツは、氷点下とはいかないまでも、朝はするどく冷え込み、外出にはコートがかかせない気候でした。さて、現地では何度か書を書かせて頂く機会があり、その一つに、野外での初揮毫がありました。

写真はそのときの模様で、フランクフルトの新聞『Frankfurter Rundschau』に紹介されたものです。只今、ドイツでの模様をお伝えしたくレポートを作成しています。詳しくは次回、ご報告させて頂きます。

    加藤和彦さんのこと

    時代という波

    関連記事

    1. カブトムシとメロン

      2008.07.17
    2. 花橘

      2008.03.13
    3. Personal Data 30

      2001.03.01
    4. 花火と遠い日の記憶

      2010.07.28
    5. Personal Data 38

      2001.03.01
    6. 字は人を表す

      2012.09.04
    PAGE TOP