第64回 正倉院展

秋の奈良の風物詩とも言われています、由緒ある『正倉院展』のテーマ題字をこの程、書かせて頂きました。書家による本格的な揮毫作品が採用されるのは初めてとのこと。今回、全部で5文字を書きおろしました。詳しくはこのブログで、またお伝えします。

宮内庁正倉院事務所、奈良国立博物館、そして、読売新聞大阪本社ご関係者の皆様、有り難うございます。

関連記事

天平文化への旅

    座右の銘

    日本・外

    関連記事

    1. 花火と遠い日の記憶

      2010.07.28
    2. 青春時代の真ん中は胸に刺射すことばかり

      2001.01.08
    3. 同じ書体でも、時代によって種類分けされる

      2001.01.02
    4. 底冷え~立春

      2011.02.04
    5. 守破離

      2001.01.01
    6. Personal Data 3

      2001.03.01
    PAGE TOP