日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

dsc_9853_0_0_2

 日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

この作品は、行間や字間が意識的に作られています。

これを“余白(美)”といいますが、書作とはある意味で白い紙に文字を配置していくことであり、紙が本来持っている白という光を与えることにより、文字に美しい存在感が生まれます。

    日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

    熱なき光

    関連記事

    1. 青春時代の真ん中は胸に刺射すことばかり

      2001.01.08
    2. Personal Data 39

      2001.03.01
    3. 人として・・・

      2009.05.01
    4. 日本古代のやまと言葉

      2001.01.02
    5. ちょうどいいのが ちょうどいい

      2001.02.03
    6. Personal Data 7

      2001.03.01
    PAGE TOP