日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

dsc_9853_0_0_2

 日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

この作品は、行間や字間が意識的に作られています。

これを“余白(美)”といいますが、書作とはある意味で白い紙に文字を配置していくことであり、紙が本来持っている白という光を与えることにより、文字に美しい存在感が生まれます。

    日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

    熱なき光

    関連記事

    1. 書体は時代とともに変化する

      2001.01.02
    2. 寒中お見舞い申し上げます

      2011.01.14
    3. 余白

      2008.12.19
    4. The Art of Progress partⅠ

      2010.12.17
    5. Personal Data 26

      2001.03.01
    6. ニュアンス

      2011.10.07
    PAGE TOP