日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

dsc_9853_0_0_2

 日本人の美意識が表れる技法Ⅲ

この作品は、行間や字間が意識的に作られています。

これを“余白(美)”といいますが、書作とはある意味で白い紙に文字を配置していくことであり、紙が本来持っている白という光を与えることにより、文字に美しい存在感が生まれます。