初夏色の窓

大荒れのお天気があったかと思えば、今日は急にカラカラのお天気。

今は、初夏色の窓の外を眺めながら、乾きやすい肌のためにスチーマーを使っています。スチームに顔を当てると、肌が柔らかになるのはもちろん、その粒子の中に、心の溜まった小さなトゲトゲを包んで流してくれるので、本当に気持ちが良い。 それは肌に限ったことではない、と思いました。

上手に書きたいけれど、うまく書けない…

仕事で時間がないので、まとまった時間がとれない…

ゆっくり字を書けるような、ゆとりある気持ちが持てない…

そんな時は、肌をもう一度生まれ変わらせてあげるように、文字にもうるおいケアが必要なのかもしれません。

    緑の季節

    古時計

    関連記事

    1. “畏れ”

      2013.04.08
    2. 行書、そして楷書へ

      2001.01.02
    3. 残暑お見舞い申し上げます

      2010.09.03
    4. 一期一会の精神

      2013.02.22
    5. “中”の秘密

      2009.07.03
    6. モヨリノ

      2010.08.06
    PAGE TOP