夏はシャツ

雨期。夜になると少し湿った空気が窓から流れ込んできて、ひんやりと手足を癒していきます。

あやめ、かきつばた、そして花菖蒲が見ごろのこの時期、なかなか公園までは見に行くことができないので、とりとめもなく絵を書いてみました。なのに、何故か見に行ったような気にもなってくるから、“気のせい”とはこのことなのでしょうか。

その季節で思い浮かべることは、人それぞれに違います。道元禅師の和歌では

「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて冷やしかりけり」

自然と共生して四季折々の移ろいに美と生甲斐を見出す、という深い思索が込められていて、ここでは「夏(は)ほととぎす」と詠まれています。『枕草子』の中では

「夏はよる。月の頃はさらなり、やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる」と、清少納言は「夏はよる(が良い)」としています。またある人は、春は風 夏は月 秋は雨・・と、千差万別です。

私は、夏は白いシャツのイメージがあります。それは清少納言が「遠くて近きもの」と表現した人の仲やなにかしらのイメージなのかもしれません。繰り返される回数分の、季節の記憶と出来事の印象が“気のせい”のような心の感覚を生むのでしょうか。

皆さんは何を思い浮かべますか。