豪華と高価

まだ日中にはどことなく夏の香りが残りますが、日が落ちる頃になると空は柔らかく、森から流れるような鈴虫の声に涼しさを感じるようになりました。そろそろ麻のシーツから綿のシーツに切り替えようと思っています。

「秋」といってまず私が思い浮かぶのは何より基本の“食”です。今年は特に夏が暑かったので、より体をいたわった食事にしたいと考えていた頃、友人のアートディレクターからこんな話を聞きました。

その友人は雑誌の表紙用に、料亭のシチュエーションでサンマを主役としたシンプルな秋料理の撮影を行ったそうです。でも後日、それが表紙として華やかさがないということで撮り直すことになり、結果秋の食材をふんだんに使った豪華な秋のコース料理に変更となったようです。

食欲の秋、仮に予算が同じだとしたら、見た目が豪華な秋のコース料理とシンプルながら質の高い単品料理とでは、皆さんはどちらを選びますか?

    ホンモノ

    それとなくと”そのもの”

    関連記事

    1. 梅雨晴

      2014.07.11
    2. Personal Data 19

      2001.03.01
    3. エコとエゴの境界線

      2008.07.04
    4. 私とは私の中に内在する「私の知らない私」である

      2001.02.03
    5. 残暑お見舞い申し上げます

      2010.09.03
    6. 書き方に原則があった

      2001.01.02
    PAGE TOP