大人への道標

 年が明けて一週間が過ぎました。来週は成人式ですね。世代ごとに特徴があり、団塊の世代、新人類、団塊の世代jrときて、今の20代は新ニッポン人であると、先日テレビで放送されていました。なんでも新ニッポン人は堅実であまり熱くならないタイプだとか、そしてそうした世代ごとの特徴は、その世代が育ってきた社会状況、経済状況に影響されるということでした。

たしかになるほどと思うところもあったのですが、考えてみますと、日本全国、同年齢という定義だけで、同じ年に学校に入り、卒業して、成人式をあげて、就職する・・・ということも少し奇異な現象に思えてしまいます。かくいう私も大学を卒業していったん就職するまでは、そうしたことにさしたる疑問を抱いていたわけではなかったのですが。 

一人ひとり、個性や夢、置かれている状況は違うはずなので、みんながみんな同じ時刻の列車で同じレールの上を走らなくてもいいし、今では、近道ばかりを求めるのではなく、寄り道、遠まわりの人生もそれはそれで趣があると思ったりします。

人生は単純でない方が楽しいと。

新成人のみなさん、いつまでも夢を見失わぬよう、追い続けましょうね。

明けましておめでとうございます

レッド・クリフ、それは・・・

関連記事

  1. 高適(こうせき)詩

    2001.02.01
  2. 冬の風物詩

    2008.12.05
  3. 風の予感

    2008.04.24
  4. モヨリノ

    2010.08.06
  5. 封じ込めた気持ち

    2011.04.28
  6. 書き方に原則があった

    2001.01.02
PAGE TOP