大阪にて

この週末は、某撮影のお仕事があり、大阪に行ってきました。土曜日の夕方から、大阪は雨が降り始めたようですが、日曜日には、大変風の強い雨模様で、春の嵐といった感じでした。今回の撮影は、丸一日、24時間掛かりでした。徹夜明けの状態だったのですが、せっかく大阪に来たのだから、心斎橋の街並みを、少し散歩してみました。

これまで大阪にはあまり来たことが無かったのですが、東京より路幅も広くて、街のスケールも大きく感じたのですが、それは気のせいでしょうか。街を行きかう人たちの賑わいも、せわしさはなく、どこかゆるりとしていました。

大阪にて_1大阪にて_2

行き帰りの新幹線の中で、『WEDGE』という雑誌を買って読んでいると、「大阪都構想と橋下改革を検証する」という記事を見つけました。見た目からでは分からない、生みの苦しみ、プロセスにおける葛藤というものがあり、それは一人ひとりの人生、一つひとつの仕事にも当てはまることであり、書家である私の場合は、書道の作品がまさにそうなのかもしれません。

    風神雷神

    書家の手紙

    関連記事

    1. 順理則裕

      2001.02.03
    2. 五月尽

      2014.05.23
    3. 豪華と高価

      2008.09.12
    4. 心の灯り

      2008.11.14
    5. 捲土重来

      2001.02.03
    6. 時の“形”

      2010.09.17
    PAGE TOP