彩りの季節

先日山に行ってきました。あの暑い夏のなか青々としていた木々が、赤や黄色に染まりはじめていました。

紅葉がひと際、目に入ってきたのは、まだ赤一色ではないからかもしれないと、ゆっくりとした時間を過ごすなかで思いました。

赤あり、黄色あり、そして緑もある、こうした熟すまでの過程の美しさは、私たちの生き方にも似た何かがありそうです。

少し寒いこの時期だからこそ、楽しめる“彩り”です。

    afternoon music

    心の灯り

    関連記事

    1. 古の書 読み書き

      2001.01.04
    2. 書の道‐東西の交流‐

      2011.11.07
    3. 時の“形”

      2010.09.17
    4. 自性清淨心

      2001.02.03
    5. Personal Data 67

      2001.03.01
    6. Personal Data 18

      2001.03.01
    PAGE TOP