美徳

昨今、新聞などを見ていると、事業仕分けという行為がさかんに話題になっています。そこにはお金を使おうとする側、お金を出そうとする側の対立の構図が見てとれますが、私は「??」と思ってしまいます。

税金の無駄使いは、あまり褒められたものではありませんが、ただ、そもそもお金というものは、何のためにあるのか、誰のためにあるのかという問いに対して、どれだけ正確に答えられる人がいるのかは疑問です。

とある方は、母上から頂いたたくさんのお金を、ある意味で〈国のために役立つ人間でいられるように〉と使ったようですが、そのことが問題にもなっています。見方を変えればそれは、美しくて徳のある行為とも言えなくはないでしょうか。

お金の使い道ということを考える時、なぜか“美徳”という言葉が浮かんできます。ただ、美徳という言葉は口にしたり、書いたりした瞬間に嘘くさくて、美しくて徳のあるものから最も遠いものにもなってしまいます。不思議なものです。

美徳

蕾、再び   

極月

関連記事

  1. 自然との共生

    2011.04.15
  2. Personal Data 63

    2001.03.01
  3. 同じ書体でも、時代によって種類分けされる

    2001.01.02
  4. Personal Data 54

    2001.03.01
  5. 行書、そして楷書へ

    2001.01.02
  6. 時代という波

    2009.11.13
PAGE TOP