品性と知性

品性と知性

角川シネマ有楽町にて、『レイルウェイ 運命の旅路』という映画を観てきました。この映画は、実話を基に制作されているそうです。戦後、平和に生きる権利を持った私を含めた世代は、“戦争”という生死の狭間における生き方というものを知らず、歳月が経つにつれて、痛ましい現実は、過去という扉に閉ざれてしまいます。

この映画を観に行ったのは、海外で活躍されている真田広之さんが、この映画に出演する決断に至った理由として、“俳優”としてというより、この歴史事実を理解して、“日本人”として出なければならないと思った、と語られているインタビューを拝見したからです。実際にこの映画を観ていて、真田さんは、日本人の代表として謝罪しているように思えたのは、錯覚ではないと思います。そして自分は、ここまで真摯さを持って生きているだろうかと、恥ずかしい気持ちにもなりました。自尊心を全て捨て、生涯、罪と向き合い生きていこうという覚悟。

真の謝罪とは、一時的な感情の赴くままに行われるのではなく、品性と知性とが問われるものだということも教えられました。