書初め

新年、明けましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 木下真理子

昨年末、実家に帰省して、2年ぶりに家族と会えた。
京都に住んでいる弟とは実に5年ぶり。その5年間で彼は結婚して、子供を授かった。

永遠に変わらぬことなどないけれど、世の中は確実に変わっている。
帰省の際にターミナル駅に立ち寄ると、かつて駅前で賑わっていた西武百貨店は空き地となり、
父親によく連れていってもらった、まるごと一棟本屋だったビルも静かに灯りを落としていた。

どんなことでもそうだけれど、続けてゆくということは本当に難しい・・・。
ただ、続けてゆくこと同様に、決意して新たに始める〝初心〟もまた尊い。

大学で書を学ぼうと、地元の習字教室の先生に相談したときのことを、私は折につけ思い出す。
先生は私にこう仰られた。
「これから先、もし書の道に進むというのなら、お金や病気を理由にして辞めてはいけない」。

世の中が盛衰興亡し続けていても、この言葉は、今も私を振るい立たせ、支えてくれている。

未来日記 題字揮毫

見えない壁

関連記事

  1. 最適化と主義

    2019.07.17
  2. 自ずと然り

    2017.03.14
  3. 君がため

    2021.09.24
  4. まずは10年

    2014.08.06
  5. ひとときの夢

    2016.08.22
  6. 輝きのまま

    2017.03.25
PAGE TOP