篆書から隷書へ

Image File Library, Copyright (C) 1996 - 2007, PCCG Co.,Ltd.

篆書から隷書へ

 項羽を破った劉邦が皇帝位につき漢帝国を興した時代(紀元前206年~紀元220年)。

それまでの『篆書(てんしょ)』から『隷書(れいしょ)』という書体が、正書体として使用されるようになりました。

『隷書』の〈隷〉とは〈下級役人〉の意とされ、王族や高級官僚などに限って扱われてきた書が、一般に行き渡たったことを示しています。この作品では、『隷書』の中の「八分隷(はっぷんれい)」と呼ばれる種類の文字が用いられています。

    篆書の統一化

    隷書から草書へ

    関連記事

    1. 雨の日の午後に

      2012.06.21
    2. 키노시타

      2001.02.04
    3. ニュアンス

      2011.10.07
    4. 風の予感

      2008.04.24
    5. Personal Data 59

      2001.03.01
    6. 色感

      2011.01.28
    PAGE TOP