篆書の統一化

koga_watarase2_2_0_2

 篆書の統一化

 この作品は、『篆書(てんしょ)』の中でも、「金文(きんぶん)」という文字の種類が基調となっています。

古代文字は、次第に字画が文字を構成し、より現在の文字の形のようになっていきますが、各国で使用されていた様々な文字は、紀元前221年に、中国秦代の始皇帝によって「小篆(しょうてん)」という文字の形に統一化されました。