隷書から草書へ

隷書から草書へ

 紀元100年に作られた《説文解字》という最古の部首別漢字字典の序に、〈漢興りて草書あり〉とあるように、文献上では漢代で『草書(そうしょ)』という書体が使用されていたようです。

前漢期の標準書体は『隷書』ですが、日常的に早書きされるにつれて崩されていき、最も崩された『草書』が後漢期に流行しました。

またその頃になると、書法美の追求から文字の造形が論じられるようにもなり、能書家も出現します。

篆書から隷書へ

行書、そして楷書へ

関連記事

  1. 花鳥風『月』食

    2011.06.17
  2. “畏れ”

    2013.04.08
  3. 篆書の統一化

    2001.01.02
  4. 女の深層

    2008.08.07
  5. 心の温度

    2008.10.24
  6. 蕾、再び   

    2009.11.25
PAGE TOP