東京ミッドタウン

六本木の東京ミッドタウンでは、先日7月7日まで、年に一度、大切な人に想いを届けようという「七夕」キャンペーン(企画を担当させて頂きました)が開催され、そのメインとなる【筆に想いを】というイベントで、「想」という一文字を書かせて頂きました。

心の上にある、“相”の部分は、おい茂る“木”を“目”で見ている様子。そうして見る者の生命力を盛んにする魂振りの儀礼のことをいう。これを他の人に及ぼして、「おもう」ことを想といい、用例として、想像(実際に経験したことがない物事を、頭の中におもい描くこと、おもい浮かべること)などがある。(白川静・常用字解)

大切な人、例えば両親、兄弟、友人、恩人にあてて、各々が相手への想いを持つこと、そしてそれを発信すること。自分の喜びであったり、怒りであったり、哀しみであったり、楽しみであったり、それらは相手があってはじめて生まれる感情です。そして、自身の“想い”を自らの手で確かめさせてくれる、それが“手書き”の魅力です。

エコとエゴの境界線

カブトムシとメロン

関連記事

  1. Personal Data 18

    2001.03.01
  2. 千里之行 始於足下

    2011.02.11
  3. Personal Data 30

    2001.03.01
  4. Personal Data 41

    2001.03.01
  5. 同じ書体でも、時代によって種類分けされる

    2001.01.02
  6. Personal Data 17

    2001.03.01
PAGE TOP