雨の日の午後に

先日、深夜にJNNルポルタージュ『バッチとペンと』 というドキュメント番組が放送されていました。 新聞記者から弁護士になり、その後フリー・ジャー ナリストとしても活動されていた日隅一雄さんという 方を追ったドキュメンタリーです。 原発関連の記者会見に100回以上も出続け、その 度に鋭く切り込み、電力会社や国やマスメディアの 在り方を問い続けていた、その活動が紹介されて いました。 実は、日隅さんは余命半年と宣告されていながら 活動されていて、普段はユーモアがあり柔和な物 腰なのですが、それとは対照的な、まさに執念の ジャーナリスト魂に、胸をうたれました。 彼の著作は2つあります。 ご興味ある方は、是非ご一読を!

雨の日の午後に_1雨の日の午後に_2

※ともに岩波書店

さて、今年もお茶を頂きました。 最近では市販のペットボトルで、お茶もお水も買うこと が普通のようになっていますが、こうした商品はいつ 頃から売られ始めたのかなぁと思います。 そもそもお茶を飲むことは、“一服”というくらいです から、飲むという行為に、一息入れる、一時を楽しむ という意味合いも含まれています。 昨今のペットボトルのお茶には、茶園や製法などの バックグラウンドにも、相当なこだわりがあります。 ただ、あまり便利になり過ぎると、逆に過程を楽しむ ということを忘れてしまいますので、今日は頂いたお茶 を少し作法も意識しながら、自分で入れて、入れたて を飲むという「お茶の時間」を楽しみたいと思います。

雨の日の午後に_3雨の日の午後に_4雨の日の午後に_5

    ある感傷

    手書きコンプレックスの解消

    関連記事

    1. 極月

      2009.12.04
    2. 茨の先の、バラの木

      2013.10.17
    3. 夏はシャツ

      2008.06.12
    4. タイ・レポート #2

      2010.04.27
    5. 雨音とキャンドル

      2011.06.28
    6. 緑の季節

      2008.05.15
    PAGE TOP