雨が降ったら

ここのところ、春の雨が続きます。湿った窓から外を眺めながら、こんな言葉を思い出しました。

《川霓》せんげい

川にかかった虹のこと。むかし、虹は動物と考えられ、虹が谷にかかるのは、谷川に下りて水を飲むと信ぜられた、と。中国の古い漢詩に出てくる言葉です。

雨のあと喉を涸らし、虹は谷川におりていく―そのイメージは、たとえば私たちがグラスの水分で、ごくりと喉を潤して一息つくのと似ています。雨が降ったら~しよう、と特別に思える理由、それは水と気持ちの循環というところにあるのかもしれません。

さて、ちょうど一年前にこんなメモを残していました。

昼に ファーストフラッシュのダージリンは 緑茶の触感

浅くて苦くて せらせら流れた

マカイバリの紅茶は私の好きなお茶のひとつです。このひと雨が終わったら、桜も一段と緑を増すのでしょうか。

 

【最新情報】

先月3月26日のMLB開幕戦オープニングセレモニーの様子とインタヴューが、6日発売の「読売ウィークリー」Scene巻頭ページに掲載されています。

春の午後

恋の基準

関連記事

  1. 品性と知性

    2014.04.26
  2. 隷書から草書へ

    2001.01.02
  3. 心の灯り

    2008.11.14
  4. 大阪にて

    2014.04.02
  5. Personal Data 59

    2001.03.01
  6. 日本人の美意識が表れる技法Ⅱ

    2001.01.02
PAGE TOP