マジカルパワー

 先日、書道用品店で『古今東西 吉祥の印』という本を見つけました。洋の東西を問わず、様々な民族の神聖とされるモチーフ、パワーを持っていると信じられている図案とその解説が載っている本です。

例えばネイティヴ・アメリカンのイーグルは“戦いの神”を表すとか中国の麒麟は“中央を司る守護神”であるとか古代エジプトのジェド柱は“安定”を表すなど。こうしたモチーフは今日でもファッションのデザイン要素などになっていて尊ばれています。

考えてみると、古今東西、人の数だけ夢があり、守っていかなければならない大切なものがあるということ、そして人は自分の人生を自分が主人公となって生きているのだということに改めて気がつきました。自分の人生を生き抜くための手助けが必要なとき、また夢を追いかけたり、大切なもののために戦ったりするとき、人は科学では説明できない神秘の力を必要としているということが興味深いです。

ところで、私が持っているアクセサリーにトカゲの図案のものがあります。これは特に意味を知っていて購入したものではなく頂いたものなのですが、この本で調べてみると、ネイティヴ・アメリカンでは“大自然の知恵”という意味がありました。

皆さんが今、必要としているパワーはどのようなものですか。

寒いジョーク

冬の風物詩

関連記事

  1. ありのままに今を輝く

    2001.01.03
  2. 蕾、再び   

    2009.11.25
  3. 東京ミッドタウン

    2008.07.10
  4. Personal Data 24

    2001.03.01
  5. 書の道‐東西の交流‐

    2011.11.07
  6. 気持ち良さの秘密

    2009.03.13
PAGE TOP