今日という一日

だいぶ前に購入した『CONSIOUS』という雑誌を見返していたら、『朝を楽しく。』という特集が組まれていました。簡単に言えば、美しい朝陽ときれいな空気を体一杯に浴びながらヨガを楽しみ、おいしく朝食を頂きましょうという特集なのですが、忘れていたことを思い出させてくれました。このところ、創作活動に没頭していて、時間の感覚が完全に麻痺しており、また“春眠暁を覚えず”をついつい朝寝坊してしまう言い訳にしていました。

朝を楽しむということは、朝を感じるということであり、朝・昼・夕・夜を感じながら生活するということですよね。そんなふうに一日の時間の流れを楽しみながら、後にも先にもない“今日”という一日を過ごしたいと改めて思いました。 

ワンピースの誘惑

人として・・・

関連記事

  1. Personal Data 27

    2001.03.01
  2. 致志于身後百歳焉

    2001.02.03
  3. 時の“形”vol.2

    2010.10.04
  4. 五月尽

    2014.05.23
  5. 高適(こうせき)詩

    2001.02.01
  6. 五大書体のひとつである隷書

    2001.01.02
PAGE TOP