紅葉 紅茶 紅い空

紅葉 紅茶 紅い空_1紅葉 紅茶 紅い空_2紅葉 紅茶 紅い空_3

紅葉 紅茶 紅い空_4紅葉 紅茶 紅い空_5紅葉 紅茶 紅い空_6

 ※写真をクリックすると大きくご覧頂けます

すっかり肌寒くなり、木々たちもだいぶ色づいてきました。家の近所にある街路樹も紅葉が見頃となっています。子供の頃は紅葉など見向きもしなかったのに、不思議ですね。昨年の今頃は、日光に行っていたことを思い出しました。月日が経つのも本当に早いものです。

せめて、ゆっくりと紅茶でもを飲もうと、頂いた“伊久美”の茶葉をティーバックに入れて、お湯を注ぎました。そして、ベランダに出て、紅葉を眺めながら、紅茶を飲みました。少し寒さを感じながら飲む暖かい紅茶は、本当に美味しくて、幸せな気持ちになります。

そんなふうに、何をするわけでもなく、ただまどろんでいると、空はだんだん紅く染まっていきました。

夕焼小焼の 赤んぼ  負われて見たのは いつの日か

山の畑の 桑の実を  小籠に摘んだは まぼろしか

小学生の頃によく歌った唱歌。これも大人になって、その素晴らしさに気がつきました。そこには美しい日本語が溢れています。