アウトサイドに生きる

年が明けて、フランスからDVDの贈り物が届きました。昨年は、フランスの偉大な小説家である、アルベール・カミュの生誕100周年にあたり、フランスの国営放送で、彼のドキュメンタリー番組が制作、放映されました。

お送り頂いたのはそのDVD化商品なのですが、日本人の書家として、何故か私が取材を受けました。このDVDを拝見するまで、どんな内容のものか、皆目見当がつかなかったのですが、私の大好きなロック・アーティストであるパティ・スミスさんも取材を受けられているではないですか!(パッケージのポートレイトで、私の2つ右隣りがパティ)

アウトサイドに生きる/書家 木下真理子 フランス取材_1

私はカミュについては、「異邦人」くらいしか知らなかったのですが、言ってみれば、「個人」と「世の中」の隔たりというそのテーマ性には、惹かれてしまうところがあります。やっぱり、私もOUT SIDEに生きている人間なのだなぁとつくづく思います。それが取材頂いた本当の理由なのかもしれません。

アウトサイドに生きる/書家 木下真理子 フランス取材_2

 

    謹賀新年 2014

    それぞれの神話

    関連記事

    1. バレンタインデーの音楽と本

      2020.02.13
    2. 瞑想

      2016.11.04
    3. 書聖 王羲之展

      2013.01.22
    4. 清らかなるもの

      2014.10.22
    5. 2014.10.10
    6. ワンピース姿の私

      2018.08.28
    PAGE TOP