清らかなるものvol.2

世の中は、残念ながら正しいことが通じるとは限らない。善悪というものは表裏一体だとしても、嘘や邪悪なことが大手を振っている。「気持ちは分かるけど、現実的ではない」などと往々にして言われて。

だからこそ、逆に「正義」という言葉ができたのであろうし、正しいことというのは、何にもかえがたい“美しさ”であると、私は思う。「きれいごと」と揶揄されても、貫いていけば、価値のあることになる。

もうすぐ、総選挙。

歪んだものを選択しないように、心の眼を曇らせずにいたい。

清らかなるものvol.2

※SARAYA海外ブランド「Sanilavo」のHPがアップしました。宜しければご覧ください。

    精錬なる美

    師走

    関連記事

    1. 不確かさという真実

      2017.07.05
    2. こころを守る

      2015.05.15
    3. “時間”は存在するのか?

      2016.12.28
    4. ピエール・アレシンスキー展

      2016.11.30
    5. 書き初め

      2018.01.02
    6. 墨の効能

      2013.09.18
    PAGE TOP