茨城県北芸術祭④山編

茨城県の北部、山側には日本三名瀑の一つにも数えられている「袋田の滝」がある。

かの西行法師もここを訪れ、和歌を詠んだ。そして春夏秋冬、1年に4度訪れなくてはと讃えている。

前回に続き、こちらもパワースポットと言われている。何でも、恋が成就するというご利益があるそうで、眼をよく凝らして見ると、滝の上部に「ハートマーク」が見えると教えられたが、確かにうっすらと浮かび上がっている気がする。

ここには、今回の芸術祭でお世話になった友常みゆきさんによる、“つがいの鴛鴦”をイメージした金属造形のオブジェも設置されていて、こちらも必見。

そして、この滝の先には「月居山」という素敵な名前の山がある。月夜に見る紅葉の山なみ、どこからともなく聞こえてくる清浄な滝の音。そんな秋の夜長は風流の極みだろう。


    茨城県北芸術祭③海編

    茨城県北芸術祭⑤芸術編

    関連記事

    1. 横画から“ひとやね”の時代へ

      2019.05.05
    2. 電子にカミは宿るか

      2018.05.15
    3. 京都ヒストリカ映画祭 開幕~映画公開

      2013.12.06
    4. 朝の余韻

      2018.06.21
    5. 自然体の美

      2013.07.22
    6. 問いかけ

      2019.09.15
    PAGE TOP