スマートでなくても、シンプルなもの

BLOGの新規記事を投稿するまでに、こんなにも時間がかかってしまった。気付けば1ヵ月以上、そんなことはこれまでになかった。
時間がある時というのは、大抵何でもない日が多いのだけれど、そういう時の方が何かを書こうと意欲が湧く。忙殺された日々は、書く内容には事欠かないのに、なかなか気がのらない。というか、気力が残っていない。

それでも最近になって、Instagramを始めることになった。何を今頃と言われてしまいそうだけれど、こちらは写真を直感的にアップしていくだけなので、そこまで気が重くないことに気付いた。☞インスタグラムはこちら

いずれにしても、BLOGに始まり、Facebook、Youtube、そしてInstagramと自分から発信することが出来る媒体が多いことはとても有難い。ただ、気がのらない、気力がない、気が重い・・・とつい感じてしまうのは、それらを通してスピードと情報過多の社会にリンクすることを求められている、うっすらとそう感じているからなのかもしれない。
BLOG記事だけを、勝手気ままに綴っていた頃が懐かしい。

前にも言ったことがあるけれど、私はいまだガラケーを使っている。
最近、充電系統に不具合が生じていて、いよいよ買い替えなければと思ってはいるけれど、「新品のガラケーを買おうと思っている」、そう真顔で友人に話したところ、爆笑されてしまった。
スマホが当然のような今、多くの人は忘れかけているかもしれないが、「私はいまだに”i-mode”」と別の知人に話すと、これもまた笑われてしまった。

「いまだにガラケーなのは、木下さんとヨウジさん(山本耀司さん)くらいですよ」。仕事でお世話になっている方に言われた。
でも、なんだか嬉しくなって、なおさらガラケーが愛らしく思えて仕方がない。

今年のお花見

6月の花火

関連記事

  1. 『誕生!中国文明』展

    2010.04.16
  2. 書家の手紙

    2014.04.05
  3. ミラノ万博 公開揮毫

    2015.07.24
  4. バレンタイン

    2019.02.03
  5. 喜微にふれる

    2017.12.05
  6. 青いもみじ

    2017.05.31
PAGE TOP