6月の花火


6月の初旬、夜8時にまもなくなろうとしていた。

「緊急事態宣言が明けたら・・・ね」。
年始からこれを合言葉にして、早いもので2021年も既に6月。
宣言下の夜は、いつもシンと静まりかえっている。
今年もこうして過ぎてゆくのだろうかと、そんな思いがよぎったとき。

窓の外からヒューン、バンと、闇夜の空気を軽やかに打つ音が聞こえた。
何だろうと思っていると、その音は、ほどよく一定のリズムで鳴りはじめた。
私はカーテンを開けて外を見た。

薄暗い闇の中、見上げるまでもなく、目の前の煌めきを確認出来た。
絶え間なくというより、一つひとつが現れては消えてゆく。
そんな光景を受け止めるように見つめていると、思いがけないひとときは、
ほんの数分で幻のように終わってしまった。

その夜の花火は、華やかというより厳かという表現がふさわしい気がした。
心躍るというより、心慰めてくれる花火。

はかなさは、どこかの、何かを、うっすらと予感させる。

    スマートでなくても、シンプルなもの

    雨のちくもり

    関連記事

    1. 自分らしくという多様性

      2021.02.19
    2. 真相報道 バンキシャ!

      2019.01.13
    3. 日常のデトックス

      2015.05.31
    4. 書家の視点

      2019.04.27
    5. 二つの故宮

      2014.06.29
    6. 上野恩賜公園

      2016.12.10
    PAGE TOP