こころのままに

現在、次の社中展に向けて作品を制作している。
ここ暫く、書家という職業的な意識ではなく、自分の為に作品を書いているということがなかったような気がする。

久しぶりに自分の時間を得て書作しているのは、金文という古代文字と漢字仮名交じり文。金文の書は、額装の予定なので、自分の書道教室の方に設置しようかとも、珍しく思う。

意外に思われるかもしれないが、私は自分が書いた作品を自宅や作業場等に飾ったことがない。その理由はいろいろとあるが、基本的には画家が自画像を自分の目の付くところに飾ったりしないことと同じ気がする。

ともあれ何の制約も無く、ありのままの自分と向き合い中。

※NHKスペシャル「巨龍中国 成長産業にカネを流せ 14億人の資産の行方」 再放送 11月26日(土) 午前1時00分~


☛ >>CONTENTS topics<<


INFO.

「ユナイテッドアローズ」の記事が掲載中です。☛関連サイト NEW

「Guerlain(仏)」の記事が『Precious』に掲載されました。


「書法と美の着眼(β版)」シーズン2
手引きとして、書における“美の着眼点”をご案内しています。

文選のヒント(7.1up)

ここからご覧ください。女流 歌人編

基本五書体(6.11up)

ここからご覧ください。篆書” “隷書草書行書楷書


週刊ポスト5/27号「生誕300年記念 若冲展」巻頭記事

「大人の修学旅行」後編 ※前編は日本画家の松井冬子さん

※「NHKスペシャル」再放送 11月26日(土) 午前1時00分~
巨龍中国 成長産業にカネを流せ 14億人の資産の行方

    理屈では分からないこと

    人と人の出会い

    関連記事

    1. 年末の東京散策

      2013.12.31
    2. 真冬の観覧車

      2019.01.25
    3. 祓いと払い

      2015.12.23
    4. Life goes on

      2015.06.10
    5. 「書法と美の着眼」再開

      2016.03.30
    6. 祝賀会

      2018.09.20
    PAGE TOP