人と人の出会い

書家と言うと、どうしても内向きな仕事と捉えられてしまうが、定期的に人前で書道について教えさせて頂く機会もある。

大学では中学・高校の国語の教員免許を取得しているものの、教師の道には進まなかった。何事ものめり込む性格なので、いざ生徒と向き合うということになれば、四六時中生徒のことが頭から離れず、自分の書の時間など作れないと思った。なので大学を卒業してからもアルバイトをしながら、ある大学の生涯学習センターで書道を教えさせて頂いた。

ところが始めて1~2年は、ほとんど生徒も集まらず、“継続困難”と学校側に突きつけられてしまった。

その頃から今に至るまで、生徒でいてくれている女性がいる。
生徒と言っても私より年上の方なのだが、先日その彼女が「師範」の資格を得られた。

人と人の出会いは、何ものにも代えがたい感動を与えてくれる。

    こころのままに

    ピエール・アレシンスキー展

    関連記事

    1. 熊野“筆”巡礼 久保田号

      2016.09.09
    2. 海か、山か、芸術か?

      2016.06.30
    3. 心の花

      2017.05.22
    4. 問いかけ

      2019.09.15
    5. 書家の課外活動 2016.10

      2016.10.28
    6. 足らぬを知る

      2016.07.21
    PAGE TOP