パンの季節

“春のパンまつり”というフレーズが賑やかなように、春はパンが良く売れるらしい。
どうしてなのか本当の理由は分からないけれど、春のフレッシュな朝の気分には、ご飯に干物と納豆より、パンにコーヒーとフルーツという組み合わせの方が合うのかもしれない。

私は主食にというより、書作の合間のおやつとしてパンをいただくことが多い。
上から見ると花のように見えるのは、京都の「北川半兵衛商店」の宇治抹茶が使われているという和風デニッシュ。

最近、近くに新しいパン屋さんがオープンした。
新しいパン屋さんが出来たというだけで、甘美で優しく、どこか懐かしい、そんな気持ちに包まれる。

    自ずと然り

    フラクタル

    関連記事

    1. INFORMATION

      2015.06.24
    2. 晩夏

      2017.08.28
    3. 開催への道程

      2014.07.01
    4. 硯の講演会とシンポジウム

      2013.11.29
    5. 書家の筆休め

      2019.04.24
    6. おもてなし

      2019.11.01
    PAGE TOP