Loading

フラクタル

このところ、頻繁にニュースで報じられている問題は、様々な事象が複雑に絡み合い、全体像が曖昧になっている。

複雑になっているということをもって、また〈何が正しく、本当なのか〉が有耶無耶になっていくのだろうか・・・

幾何学に「フラクタル」という概念があって、〈ある形の一部分を拡大すると、全体像と相似している〉ことを指す。例えば自然界の樹木、雲、海岸線などにみられるが、これは人間の営みにも当てはまるところがあると思う。

つまりこの問題は、ある一部分に焦点を当ててみさえすれば、その全体像を掴みとることが出来るのではないか。ある一部分とは“一個人”、全体像は“人間社会”とも置き換えられる。

生くる世の十万悪邪かなしみに似て花々の蕾ふくらむ 馬場あき子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

    パンの季節

    輝きのまま

    関連記事

    1. 『誕生!中国文明』展

      2010.04.16
    2. 青いもみじ

      2017.05.31
    3. お知らせ 日本画家×書家

      2016.08.11
    4. 熊野“筆”巡礼 筆の里工房

      2016.09.12
    5. 書道の秋

      2015.09.18
    6. 熊野“筆”巡礼 番外編

      2016.09.22
    PAGE TOP