天と地と

北京などで開催中の冬季オリンピック。
大好きなチャン・イーモウ監督の演出による開会式が行われたかと思えば、あっという間にもう中盤。

「氷に嫌われたかな」とは、羽生結弦選手のコメント。

その言葉に、はっとさせられた。
夏と違い、冬のオリンピックは雪や氷を相手にしながら競技する。
選手同士の戦いでもあるけれど、同時に自分と、そして自然と向き合うことでもある。

過酷な環境でも、その中で集中して、自分の力を最大限に発揮することの難しさ・・・。
でも、自然と選手とが一つになるその一瞬は、何ものにも代えがたく、とても美しい。

心地いい関係

他人事ではない

関連記事

  1. グリーンパワー その3

    2019.03.05
  2. それぞれの神話

    2014.01.17
  3. 台風の夜

    2019.10.12
  4. Dear…

    2020.12.22
  5. 疑問点

    2021.03.08
  6. 祝賀会

    2018.09.20
PAGE TOP