普通という大切なこと

〈春はあけぼの〉とはよく言ったもので、最近は朝早くに目覚めることが多い。
その分、夜もスーっと眠れる。

大体5時半くらいには自然に目が覚める。
少し気だるさもあるのだけれど、朝はそういうものなのかも。

日々さまざまな出来事に向き合っていると、“普通”のことになかなか気付かない。

軽い朝食をとりながら、何色にも染っていない朝の真っさらなひと時を過ごす。

こうして新しい一日を迎えられることを大切にしたい。

    この春の教え

    道標

    関連記事

    1. 茨城県北芸術祭④山編

      2016.10.18
    2. 師走

      2014.12.13
    3. 働き方の価値観

      2018.04.07
    4. 新たな気持ちで

      2015.03.31
    5. 希望と理想 vol.2

      2017.10.08
    6. 瞑想

      2016.11.04
    PAGE TOP