普通という大切なこと

〈春はあけぼの〉とはよく言ったもので、最近は朝早くに目覚めることが多い。
その分、夜もスーっと眠れる。

大体5時半くらいには自然に目が覚める。
少し気だるさもあるのだけれど、朝はそういうものなのかも。

日々さまざまな出来事に向き合っていると、“普通”のことになかなか気付かない。

軽い朝食をとりながら、何色にも染っていない朝の真っさらなひと時を過ごす。

こうして新しい一日を迎えられることを大切にしたい。

    この春の教え

    道標

    関連記事

    1. 上村愛子さん~向上心という平常心~

      2010.11.19
    2. ピエール・アレシンスキー展

      2016.11.30
    3. お知らせ 日本画家×書家

      2016.08.11
    4. 誇り

      2015.09.02
    5. 春の嵐

      2017.04.18
    6. 書道を志すなら、睡蓮のように

      2010.08.25
    PAGE TOP