過ぎるということ

春らしい日差しが注ぐ。過ぎゆく冬の足音と春の気配。
こうした季節の移り変わりは、私たちの生活そのものであり、引越・卒業・就職といった、別れや出会いを経験してゆく。

その後、“いかがお過ごしですか”と手紙の文面に書くように、〈過ごす〉〈過ぎる〉ことを私たちは感じとる。

それまでの事柄は、すっかり無くなってしまうのではなく、なんらかの形にうつり、身の回りに留め置かれることを。

あれから7年…

    お雛様の会

    冷たい現実

    関連記事

    1. 最適化と主義

      2019.07.17
    2. 秋深し

      2014.11.16
    3. ジェラートとヴィスコンティ

      2017.08.04
    4. INFORMATION

      2015.06.24
    5. 筆の花

      2016.04.07
    6. みどりの日の朝食

      2020.05.04
    PAGE TOP