清らかな風に包まれて

京都・奈良の旅から帰って、徐々に日常の感覚に戻りつつある。仕事とは言え、濃密なスケジュールで方々を歩いてきたので、疲れがとれるまでにはしばらく時間がかかった。

そうこうしているうちに、関東でも梅雨入り。

恵みの雨は四方八方へと届く。
慈雨という言葉もあるけれど、雨が何かを囁やき伝えているように感じる。

そんな“気配”を感じてしまうのは、今回の京都・奈良での旅がスピリチュアルなものだったからなのかもしれない。

普段、生活を営んでいるのは、住環境の面でわりと好立地だと言われてはいるものの、奈良盆地に吹き抜ける清らかな風に包まれて過ごしたら、人工都市の息苦しさを痛感してしまった。

奈良に住みたい・・・。旅の途中で咲き始めだった長谷寺の紫陽花は、今頃、雨の雫にうるおい満開だろうか。

    フィッティング

    朝の余韻

    関連記事

    1. info.日経ビジネス連載『和道』茶道編3

      2017.01.12
    2. 落雁と散歩

      2017.06.23
    3. ひとつの輪 私たちの和

      2016.01.04
    4. 継ぐモノたち

      2014.02.03
    5. 伝えゆく道

      2018.07.05
    6. 書道を志すなら、睡蓮のように

      2010.08.25
    PAGE TOP