月から見た世界

夏休みになった学校の鐘は止まり、コロナとは無縁な蝉の声が今を包んでいる。

昨日行われた、東京オリンピックの開会式。
屋根の無い競技場に、幸いにも雨は降らず、盛大に花火が打ち上げられた。

江戸の頃、日本の花火は一本の赤い糸のように打ち上がり、そして垂れ落ちて消えてゆくものだった。

喜びは悲しみを、哀しみは微笑みを伴っている。
思慮深く、みんなが慈しめるような日々でありますように。

    ギフト

    跳ぶ!

    関連記事

    1. 『和様の書』展

      2013.07.17
    2. 千載具眼の徒を竢つ

      2016.04.26
    3. 示現

      2019.11.27
    4. 二つの故宮

      2014.06.29
    5. 微笑みの国

      2014.09.16
    6. 姫路城 GW 3nights『HAKUA』

      2015.04.29
    PAGE TOP