月から見た世界

夏休みになった学校の鐘は止まり、コロナとは無縁な蝉の声が今を包んでいる。

昨日行われた、東京オリンピックの開会式。
屋根の無い競技場に、幸いにも雨は降らず、盛大に花火が打ち上げられた。

江戸の頃、日本の花火は一本の赤い糸のように打ち上がり、そして垂れ落ちて消えてゆくものだった。

喜びは悲しみを、哀しみは微笑みを伴っている。
思慮深く、みんなが慈しめるような日々でありますように。

ギフト

跳ぶ!

関連記事

  1. 書初め

    2021.01.02
  2. 書作

    2020.05.16
  3. 輝きのまま

    2017.03.25
  4. 春一番

    2017.02.17
  5. 見えない壁

    2022.01.17
  6. 瞬間の判断

    2016.11.08
PAGE TOP