跳ぶ!

良いシチュエーションをイメージして、最高のパフォーマンスを呼び込もうと自分に暗示をかけることもある。
肉体的なトレーニング、努力だけでは到達出来ないということなのだろう。

スポーツがエンタテインメント化し、感動の共有が謳われるイベントである以上、大衆の目も気になるところ。
自分という存在を意識しながら、誰のために?ときっと自問自答もしている。

“メダル”という付加価値を獲得出来ればいいのだけれど、それが叶わないアスリートたちが圧倒的に多い。
それでも、彼らはかけがえのない何かを得ているはず。
それが何かは、彼らしか知り得ないこと。

    月から見た世界

    夏の記憶

    関連記事

    1. 2017.05.26
    2. 越冬便り

      2012.12.14
    3. 微笑みの国

      2014.09.16
    4. タオとAI

      2016.06.24
    5. ピエール・アレシンスキー展

      2016.11.30
    6. モンゴル追記

      2013.12.21
    PAGE TOP