夏の記憶


「ヒロシマの青空 いつまでも」と題したオノ・ヨーコさんのメッセージが今も響いてくる。
2011年8月7日の読売新聞日曜版に掲載された、ヒロシマの青空。

戦後70年以上を経て、東日本大震災から10年が過ぎ、今わたしたちは新型コロナウイルスの渦中にいる。
既に病床逼迫の状況にある中で、”もう少しで”とか”起こりつつある”とか、そんなふうに現実から目を背けてばかりいていいのだろうか。

ふだんは青い空をいつまで仰げるかなんて、気にとめる人はほとんどいない。
でも、いつこの青い空が黒い雲で覆われて見られなくなるとも限らない。

“あの時、わたしたちの意識ひとつにかかっていた・・・”
いつか振り返る日が来て、後悔しないために。

    跳ぶ!

    美しい人

    関連記事

    1. 厳かなるもの

      2017.09.12
    2. 五月の風の中で

      2019.05.19
    3. 梅干しとレコード

      2018.08.19
    4. AIはどこまで人間に成り得るか

      2017.11.24
    5. 茨城県北芸術祭②

      2016.10.04
    6. 墨の効能

      2013.09.18
    PAGE TOP