千載具眼の徒を竢つ

現在、『生誕300年記念 若冲展』が開催されている。

そのPR企画の一つに関わらせて頂くことになり、 東京都美術館に伺ったが、 仕事というにはあまりに贅沢な時間を過ごさせて頂いた。

若冲の作品は、“肉眼で”、ということに尽きる。昨今はインターネットや4KTVなど日進月歩なハイテクも揃っているが、デジタル媒体ではその“霊性”まで感受出来ないだろう。

「神は細部に宿る」という言葉がある。まさにこの言葉がピッタリなように、植物の葉、花弁、動物の羽毛、指先の一つひとつが芸術的な美しさを持つ若冲の一筆、一筆は、その聖なる領域へと踏み込んで、永遠性を獲得した。そして、この時代の私たちに燦然と迫ってくる。

千載具眼の徒を竢つ

    美しい人

    紆余曲折の春

    関連記事

    1. 遺言

      2014.12.30
    2. 墨 連載スタート!

      2017.09.06
    3. info.日経ビジネス連載『和道』茶道編

      2017.01.10
    4. 空海と密教美術展

      2011.07.22
    5. 言葉の力

      2021.01.21
    6. 熊野“筆”巡礼 番外編

      2016.09.22
    PAGE TOP