美しい人

プリンスが亡くなったことをニュースで知った。
今年はデヴィッド・ボウイの訃報もあった。

ロックについて特に詳しいわけではないが、デヴィド•ボウイについては次のエピソードを聞いたことがある。

公演のバックステージで、ある人が彼の楽屋をいきなり訪ねたところ、彼は独り静かに、正座をして本を読んでいたという。人が見ていないところでも、佇まいを崩さず、凛としている。この話を聞いた時、スターというより、何か求道者のように思えた。

プリンスは一時、自身の“Prince”というアーティスト名を捨て、♂や♀などを組み合わせた、読み方不明、フォント表記不可能な“記号”にしてしまった。商業的にも、もちろん自分の存在証明の意味においても、名前を消してしまうことなど、並みのアーティストには出来ない。その記号を日本の音楽業界では「ラブシンボル」、「ジ・アーティスト」などと読んでいたが、ピンとこなかった。

プリンスも、デビッド・ボウイも、その実像は麗しく、美しい人だと思う。

美しい人

絶やさぬように

千載具眼の徒を竢つ

関連記事

  1. 円と禅

    2013.12.15
  2. プロフェッショナル

    2016.05.29
  3. 苦悩のメカニズム

    2017.04.21
  4. 2014.10.09
  5. 変わらないという強さ

    2022.05.08
  6. 光たちのささやき

    2018.12.25
PAGE TOP