台風の夜

台風上陸のおそれがあり、各地で警戒が強まっている。最近まで台風を怖いと思ったことは無かったが、ここ数ヵ月で認識は変わった。
古来、日本のカミは荒ぶる存在で、人々の畏怖なる存在として捉えられてきた。台風も人智を超えた存在という意味ではそれにあたる。
平安時代には、秋の台風のことを「野分(のわき)」と言ったそうだ。
風の音、雨の音にその気配も感じながら、書家として文字と静かに向き合っている。

    断片

    10月の空

    関連記事

    1. info.日経ビジネス連載『和道』茶道編2

      2017.01.11
    2. 嬉しさのお裾分け

      2017.04.28
    3. 切り抜き文化

      2018.12.04
    4. 円と禅

      2013.12.15
    5. 冷たい現実

      2018.03.21
    6. 鋭意制作中

      2016.08.03
    PAGE TOP