台風の夜

台風上陸のおそれがあり、各地で警戒が強まっている。最近まで台風を怖いと思ったことは無かったが、ここ数ヵ月で認識は変わった。
古来、日本のカミは荒ぶる存在で、人々の畏怖なる存在として捉えられてきた。台風も人智を超えた存在という意味ではそれにあたる。
平安時代には、秋の台風のことを「野分(のわき)」と言ったそうだ。
風の音、雨の音にその気配も感じながら、書家として文字と静かに向き合っている。

断片

10月の空

関連記事

  1. 慈雨

    2010.06.11
  2. こころのままに

    2016.11.22
  3. 過ぎし日のキオク

    2020.09.14
  4. おもてなし試写会

    2013.11.28
  5. 記憶と記録

    2017.05.12
  6. 茨城県北芸術祭④山編

    2016.10.18
PAGE TOP